ワードプレス

【ワードプレスのエラー】ブロックはエラーの影響を受けており、正しく機能しない可能性があります。

<ワードプレスのウィジェットで大量のエラー>

ワードプレス(AFFINGER5)のウィジェットで大量エラー

「タグクラウド」を変更しようとウィジェットを開いたら、開くと多くのエラーが表示され画面は真っ赤になりした。

その中に「タグクラウド」のエラーも含まれていました。

「tag_cloud」ブロックはエラーの影響を受けており、正しく機能しない可能性があります。詳細は開発ツールを確認してください。

 

原因は?

  • 原因
    ワードプレスのバージョンが5.8になったためです。
  • 理由
    ウィジェットエリアでブロックエディター(Gutenberg)が採用されたためです。(Gutenberg は「グーテンベルク」と読みます。 )

WordPress5.8の公式ブログ(日本語)はこちらです。

ウィジェットエリアのブロックエディターの使い方はこちらです。

 

WordPress5.0 と 5.8 で Gutenbergを採用

  • WordPress5.0
    投稿エディターが、クラシックエディターからブロックエディター(Gutenberg)に変わりました。出典はこちら
  • WordPress5.8
    ウィジェットエリアでブロックエディター(Gutenberg)が使えるようになりました。出典はこちら

 

エラーのウィジェットを以前の状態に戻したい

ウィジェットを以前の状態に戻すにはプラグインの「Classic Widgets」をインストールします。

①【プラグイン】をクリックし、②【新規追加】ボタンをクリックします。

 

①キーワードに「Classic Widgets」と入力します。

②表示された「Classic Widgets」の「今すぐインストール」ボタンをクリックします。

 

表示された「有効化」ボタンをクリックします。

 

【外観】>【ウィジェット】をクリックします。

 

エラーは出ず、今まで使っていたウィジェットの設定画面が表示されました。良かったです。

 

最後に

使用した「Classic Widgets」はワードプレス・チームがメンテナンスする公式プラグインです。

インストールすると、従来のウィジェット設定画面に戻すことが出来ます。

以前もプラグインの「Classic Editor」をインストールして助かったことがあります。

ブロックエディター(Gutenberg)は苦手なので「Classic Editor」と「Classic Widgets」の存在は嬉しいです。

でも逃げてばかりではいけません。なるべく早く、ブロックエディター(Gutenberg)を習得しましょう。

ここまで読んでいただき、ありがとうござました。

WordPress と HTML の記事はこちら

WordPressを使うならHTMLは不要だという人もいますが両方必要です。

続きを見る

-ワードプレス
-,

© 2021 すべての初心者たちへ<オールビギナーズ>