テレビ大好き

【イチケイのカラス】竹野内豊と黒木華の法廷ドラマ、傍聴席に芸人も!

2021年5月30日

<みちおが明らかにする被告の真実とは?!>

裁判官は実は情熱家?みちお、頑張れ!

クセの強い裁判官の竹野内豊と、堅物裁判官の黒木華の、信念と涙と笑いの法廷物語です。

悲しい被告人たちの真実が、竹野内豊 演じる入間みちおによって明らかにされていきます。

ただ最終回のような回がシーズン途中にあります。

毎回ゲストとして、お笑いの人たちが傍聴席に座っています。誰か分からない時もあります。

刑事裁判官が主人公の民放連続ドラマは、意外にも「イチケイのカラス」が最初らしいです。

 

豪華なキャスト

  • 竹野内 豊(入間みちお)
    東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官。
  • 黒木 華(坂間千鶴)
    東大法学部出身でエリート中のエリートだが、冗談が全く通じない堅物なタイプ。
  • 小日向 文世(駒沢義男)
    イチケイの部長裁判官。任官してから30年以上ずっと刑事裁判官一筋のベテラン。
  • 新田 真剣佑(石倉文太)
    イチケイの裁判所書記官。
  • 中村 梅雀(川添博司)
    イチケイの主任書記官。
  • 桜井 ユキ(浜谷澪)
    イチケイの裁判所書記官。
  • 水谷 果穂(一ノ瀬糸子)
    新人の裁判所事務官。
  • 山崎 育三郎(井出伊織)
    クールな中堅検事。
  • 升 毅(城島怜治)
    主任検事で井出の上司。
  • 板谷由夏(青山瑞希)
    竹野内 豊(入間みちお)の弁護士時代の元同僚。
  • 草刈 民代(日高亜紀)
    最高裁判所判事。入間みちおにとっては因縁の相手。

どんな内容?

第1話 型破りの裁判官VS堅物エリート裁判官!バディ誕生

案件は、大学生の長岡誠が、代議士の江波和義(勝村政信)に大ケガを負わる傷害事件です。

長岡誠は、江波の秘書の洋一郎の息子です。

父の洋一郎は、電車に飛び込んで自殺を図っていました。

○ゲスト

勝村政信(衆議院議員)

チョコレートプラネット(傍聴マニア)

 

第2話 幼きわが子を虐待!SNSで人気の母親に下す判決!

案件は、人気料理研究家・深瀬瑤子(前田敦子)による幼児虐待事件です。

この案件は、第1審の裁判長を香田隆久が務めた取り扱い注意案件でした。

香田隆久は、最高裁事務総局の事務総長・香田健一郎の息子だったのです。

○ゲスト

前田敦子(被告人)

ミルクボーイ(傍聴マニア)

 

第3話 伝説の裁判官が暴走凶悪犯の愛

案件は、重過失致死及び死体損壊の事件です。

被告人はガラス工房で働く藤代省吾(岡田義徳)、被害者は野上哲司(成松修)です。

そのガラス工房の教室には、被害者の野上の14歳になる娘・碧(渡邉心結)が通っていました。

碧の母は、警察官でもある奈緒(佐津川愛美)です。

○ゲスト

岡田義徳(被告人)

佐津川愛美(被害者の妻)

鬼越トマホーク(傍聴マニア)

 

第4話 17歳の少年が5千万円を強奪

被告人は17歳の望月博人(田中偉登)です。

望月博人は、アルバイト先のレジャー施設から売上金5000万円を盗んで逃亡します。

警察に逮捕されそうになった際に、繁華街のビルの非常階段から盗んだ現金をばらまいていました。

○ゲスト

馬場ふみか(黒木 華【坂間千鶴】の妹)

永野芽郁(その他の被告人。映画「地獄の花園」の宣伝でキャスティング)

広瀬アリス(その他の被告人。映画「地獄の花園」の宣伝でキャスティング)

遠藤憲一(その他の被告人。映画「地獄の花園」の宣伝でキャスティング)

空気階段(傍聴マニア)

 

第5話 初恋のバレリーナが容疑者・・・

案件は、あるバレエ団で起きた傷害事件です。

被告人はバレエ団代表の槇原楓(黒沢あすか)、被害者はそのバレエ団の元トレーナーです。

このバレエ団には、海外からも注目されているバレリーナ・馬場恭子(生田絵梨花)が在籍していました。

実は恭子は、石倉(新田真剣佑)の中学・高校時代の同級生で、初恋の相手でした。

○ゲスト

生田絵梨花(バレリーナ)

ゆめっち、かなで【3時のヒロイン】(傍聴マニア)

 

第6話 令和の大泥棒が法廷に登場!

案件は、窃盗犯・岸田(バカリズム)が民家に忍び込み、現金113万円を盗んだ事件です。

被害者宅は、会計事務所所長の志摩総一郎(羽場裕一)の自宅です。

志摩総一郎は、弁護士時代の入間みちお(竹野内 豊)が最後に担当したある事件に関係する人物だったのです。

○ゲスト

バカリズム(被告人)

 

第7話  司法VS型破り裁判官決戦のとき

被告人の仁科壮介(窪塚俊介)は、上司を撲殺した罪で無期懲役を言い渡されました。

だが仁科は、無罪を主張し続けて獄中で命を絶ってしまいます。

仁科は、事件現場から逃げていく男を目撃したと主張していました。

その男こそ、第6話の窃盗事件の被害者で、国税庁OBの志摩総一郎(羽場裕一)だったのです。

最高裁判所判事の日高亜紀(草刈 民代)も入間みちお(竹野内 豊)を潰しにきます。

○ゲスト

臼田あさ美(被告人の仁科壮介の妹)

デニス(傍聴マニア)

 

第8話 万引き犯VS万引き犯、真実は!?

万引きの前科のある潮川恵子(真凛)は、恩師の山寺史絵(朝加真由美)の万引きを目撃します。

河原で揉み合いになった際、潮川恵子(真凛)は山寺史絵(朝加真由美)に重症を負わせてしまいます。

ただケガは軽症のはずが、記憶障害の残る重症になっていたのです。

○ゲスト

武井壮(みちおの甥っ子)

見取り図(傍聴マニア)

 

第9話 いったいどうなる!?裁判員裁判

事件の被告人は家政婦の高見梓(春木みさよ)、被害者は桐島優香(八木さおり)です。

高見梓には、3階のバルコニーから桐島優香を転落死させた容疑がかかっています。

さらに高見梓は、転落後もまだ息があった優香をそのまま放置していたのです。

○ゲスト

オズワルド(傍聴マニア)

 

第10話 最終回につづく物語!嘘だらけの法廷…切ない真実

ホームレス達に石を投げてケガをさせた少年達の一人を、スパナで殴った男が逮捕されます。

被告人は「名無しのごんべえ」(板尾創路)、弁護士の青山(板谷由夏)にも何か秘密がありそうです。

みちお(竹野内豊)のおかぶを奪っての、坂間(黒木華)の妹トークもあります。

○ゲスト

板尾創路(被告人)

こがけん(傍聴マニア)

カラテカ矢部太郎(傍聴マニア)

 

第11話(最終話) 真実を翻ろうする黒幕・・・さよなら、入間みちお

裁判官には任期があり、みちお(竹野内豊)はもうすぐ任期満了です。

問題がなければ再任され、問題があれば再任されません。

衆議院議員の安斎高臣(佐々木蔵之介)が関係する建設中の大型施設で死亡事故が発生します。

原因は親会社が指示した違法労働の可能性があるものの、現場作業員から証言が得られません。

その上、安斎高臣(佐々木蔵之介)の秘書からも「イチケイはある意味国を相手にしている」と圧力をうけます。

不利な状況の中、みちお(竹野内豊)は正義を貫けるのでしょうか?

○ゲスト

佐々木蔵之介(衆議院議員)

筧美和子(みちおの姪っ子)

武井壮(みちおの甥っ子)

ミキ(傍聴マニア)

 

みんなが出演していた作品は?(抜粋)

竹野内 豊

・ビーチボーイズ(1997年)

・BOSS(2009年)

・素敵な選TAXI(2014年)

・義母と娘のブルース(2018年)

黒木 華

・純と愛(2012年)

・花子とアン(2014年)

・みをつくし料理帖(2017年)

・西郷どん(2018年)

・凪のお暇(2019年)

新田 真剣佑

・仰げば尊し(2016年)

・僕たちがやりました(2017年)

・同期のサクラ(2019年)

桜井 ユキ

・絶対正義(2019年)

・だから私は推しました(2019年)

・G線上のあなたと私(2019年)

・アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋(2020年)

山崎 育三郎

・あなたのことはそれほど(2017年)

・あなたの番です(2019年)

・エール(2020年)

・私たちはどうかしている(2020年)

草刈 民代

・大恋愛〜僕を忘れる君と(2018年)

・やすらぎの刻〜道(2019年)

・私の家政夫ナギサさん(2020年)

 

最後に

入間みちお(竹野内 豊)は、ちょっととぼけた感じですが冤罪を許さない熱血裁判官です。

坂間千鶴(黒木 華)は超真面目だが、みちおによって人間味のある性格になっていきます。

彼女の信念と、みちおの影響力との葛藤が、なぜか笑えます。

「イチケイのカラス」は、黒木 華さんのファンの方に超おすすめです。

もっと見る?
【テレビ大好き】おすすめドラマ!動画配信サービスで最終回後でも!

テレビ大好きです。「コントが始まる」「イチケイのカラス」、良かったです。

続きを見る

「FOD PREMIUM」 なら「イチケイのカラス」も第1話から観られます。
「アンサング・シンデレラ(2020年)」も良かったです。
観たいドラマがあるなら「初回2週間無料トライアル」がおすすめ!


-テレビ大好き
-

© 2021 すべての初心者たちへ<オールビギナーズ>